おもしろ記事

【24時間企画】24時間同じ方向に歩き続けたら何キロ歩くことが出来るのか。実際に検証してみた。

更新日:

スポンサーリンク

どうも!京都の大学生ブロガーのともっち(@derachan212121)です。

  • 24時間だいたい同じ方向に歩いたら何km歩けるのか。
  • どの位の場所まで行くことができるのか。
  • 実際、24時間テレビの24時間で100kmは大変なのか。

気になりませんか??

ということで実際に24時間歩き続けて検証してみました。

ちなみに前日の夜10:00に決め、その2時間後に歩き出したので、家にある適当なものを持って行きました。

 持ち物

・スマートフォン

・財布(4000円)

・充電器

・デオドラント←汗臭さ防止と清々しさ

・2DS←ドラクエのすれ違い通信用

・本←休憩時間に読む為

水分補給や食事は荷物になるのでその場その場で買っていくことにしました。

ルール

スポンサーリンク

出発の地

家の周辺にある目印になりそうな建物が北野天満宮だったので、そこを起点にスタートしました。考えが単純すぎますね。コイツ。

1時間経過

今見ると24時間歩くことをなめてやがるコイツ‼︎と腹が立ちます。

でも、成年男性は理論上、平均時速4kmで歩くそうなので、24時間×4km=96km

元ラグビー部やし、100kmぐらい余裕でしょ。と思っていました。この時は。

特に最初は1時間に4.7km歩いていたので調子に乗っていました。

この時点で4.7km

2時間経過

夜中出発なのに懐中電灯を買うのを忘れるという致命傷。

考えれば、分かるはずなのに…んーー!これがTHE・無計画!

森の中を歩いていると、明らかに異様な場所に駐車をしている車を発見しました。

こんな時間にこんな山奥で何をしているんだろうか?と疑問に思いました。

しかし、車側も僕を見たら、

こんな時間にこんな山奥で何をしているんだと思うでしょうねww

でも、もしかしたら死体を埋めている最中で、

見られたから殺されるなんてのも嫌でしたし、今この場で襲われても疲れている分こちらが不利なので、知らないふりをして進んでいこうと思いました。

別に車の中を見たくもありませんでしたし、心配性なだけあって、こんな不安に思っているのは自分だけだろう。きっと大丈夫だろう!と、そう思っていました。

そうすると、進む道を照らすために一瞬、車の中に光が入ってしまいました。

その瞬間!!!!

男らしき人が車のドアをいきなり開けて、奇声を上げながらこちらに向かってくるではないですか!!!

まさか不安が的中してしまったのです。

初めは反射的に体が動き出しました。とにかく逃げなければ殺される。

何が何でも逃げなければいけない。そう思って全力で逃げました。

 

もう本当に怖かったので、後ろは振り向かず、がむしゃらに山道を走りました。

15分ほど走ったところで後ろを見てみると、もう誰もいません。

車で追いかけられてはたまったものではありませんでしたが、結局その車は僕が山道で歩いている間は一度も横切ることはありませんでした。

本当にこの時はこのまま殺されるんじゃないかと思っていたので、必死でした。

一体その男の人が何をしていたのかは未だに分かりません。

この時点で7.2km

3時間経過・4時間経過

森の中で遭難しかけました。

森を進めど進めど先は見えず、しかも携帯は圏外。そして、真っ暗闇。

やっとの思いで、民家を見つけた!と思ったらそこでも圏外。

あの時間はまさに苦痛という言葉以外に何ものにも変えられません。

この時点で 出発から 距離不明

5時間経過

まだ参勤交代とか他ごとを

考える余裕があるみたいなんでここらへんはまだ大丈夫なほうでした。

ただ、あといくつ山が残っているのか不安でした。

この時点で出発から21km

6時間経過

もう6時間も歩いてくたくただし、八木駅で電車に乗って帰ろうかなと考えだす。

ちなみに朝の6時なので始発に乗れば、一日潰れずに済む!と思っていました。

この時点で出発から24km

 7時間経過

高校時代に部活で走りすぎでシンスプリントという怪我をしたのですが、

その怪我が再発。まずそもそも24時間テレビのランナーは練習を重ねて挑んでいるのに対して、始める2時間前にやろうと思ったのが間違いでした。

しっかり、練習して筋トレもして挑むべきだった後悔しました・・・

ちなみに看板では八木まで7kmと書いてありましたが、当然ながら八木駅までではありませんでした。八木駅は実際には八木から着いて、まだだいぶん歩かなければいけなかったのです。

この時点で出発から26km

8時間経過

八木駅に歩いても歩いても着かない。

そして、昨日の夜から歩きっぱなしにもかかわらず、コンビニがないのでとにかく腹が減っていました。

もっと行くときに準備していけばよかった・・・

この時点で出発から28km

そして、ここでツイッターでこんなリプが来ます。

このリプのおかげで、いろんな人から声援をもらうことになる。

応援してもらえるって本当に嬉しいことだった。

特に印象に残ったのはこのリプライ。

、つまり続ければ続けるほど面白いと言われてる気がして、頑張ろうと思った。

面白いという言葉にめっぽう弱い。

そして、自由ネコさんは今回の一件について記事にまとめてくれたのだ!

【人体実験】人は準備せずにいきなり24時間歩き続けることができるか?

 9時間経過

ここで充電が無くなりそうなので、充電器を購入。

しかし、肝心のお昼ごはんを買うことを忘れてしまう。

今までグーグルマップを駆使してきたが、なぜか使わずに歩いてしまい、同じところをぐるぐるしていた。大幅な時間ロス。

10時間経過

歩道がない車道だけの道を歩くのは結構危険だなと思った。でも道がその一本しかなかったので仕方がなかった。

11時間経過

11時間も歩けば、マダンテを喰らっても無傷でいられるのでオススメ。

]出発から34km

12時間経過

ちょっと文学少年ぶって

足が悲鳴どころか、ダイニングメッセージを書き始めています

と書いているが、正しくはダイイングメッセージ。

ここでも持ち前のアホを前面にさらけ出すともっち氏。

 13時間経過

人生で最終処分場を教科書でしか見たことはありませんでした。

なんかいろいろと考えさせられる景色を見せられました。

この時点で出発から44km

14時間経過

天候の変化が激しい京都ではこの時期傘は必須アイテム。

しかし、傘などは勿論持っていないのでしばし雨宿りをする。

そして、ずぶ濡れで歩く事を決意するが、天が味方になってくれたのかすぐに天候が回復。

この時点で出発から46km

15時間経過

ただ何も考えずに歩く、歩く、歩く

この時点で出発から48.9km

16時間経過

あと八時間という途方もない時間。

この時点で出発から50.4km

17時間経過

ここで目標を70kmに設定する。このことにより、モチベーションアップ。

この時点で出発から53,7km

18時間経過

なんで誤差が生まれるんだろうと考えていたところ解決しました。

この時点で出発から55.4km

19時間経過

高校時代、ラグビー部の合宿は相当きついものでした。

3泊4日で毎日のように強豪校と試合をし、午前午後練習をする・・・

もう菅平には二度と行きたくない。

ここで諦めたら菅平行きだぞ。と自分を鼓舞していました。

この時点で出発から58.6km

ここでこんなリプをもらいます

憧れのヨッピーさんの記録を抜かしたんだ!と正直安堵が生まれました。

頑張ってきてよかった。

ということはマラソン素人が24時間走り続ける記事では距離的には一番!?

みたいな妄想も勝手に始まってきます。

そうすると、ヨッピーさん本人からご返信が!!

えええええええええええええええええええええ

80kmって!!!!あと4時間30分で22kmほど歩かなければなりません。

20時間経過

ヨッピーさんも同じことをしていたのは知りませんでした。

でも、逆にこの企画をしているのは僕とヨッピーさんだけ。

土俵に立っているのはヨッピーさんと僕だけ!!

この時点で出発から62.5km

21時間経過

せめてジャージで来ればよかったと後悔しています。

下がジーパンで上が白のTシャツ。

ジーパンが歩くたびに内股が擦れていき、股の間は血だらけでした。

股ずれもここまでひどいとかなり痛いです。

すべてが普通すぎる格好で来てしまいました。

特に下のズボンだけでもジャージであれば、もう少し記録を伸ばすことが出来たんじゃないかなと思っています。

そして、パンツをもう一枚持ってくればよかったと思いました。

汗でびちょびちょでとにかく吐き続けることが不愉快でした。

ちなみに、僕はヨッピーさんの記録を抜かしたいと思いつつ、このタイミングで返信をしてくれたのは、絶対いい意味での意図があってだなと思い、ヨッピーさんには本当に感謝しています。見てるかわからないけれどこの場でお礼を言います。

ありがとうございました。

この時点で出発から69.7km

しかしここで最大のアクシデント発生

山道で街灯もほとんどないので、懐中電灯を持たない僕にとってiPhoneの充電は命と変わらない程度の重さになっていました。

これからどうやって進むかも、帰るための駅まで行くための道もiPhoneのグーグルマップに頼っていたので、iPhoneの充電が切れるということはこの企画の失敗。

そして、帰宅難民。というより、遭難してしまうことを表します。

21時間かけてこの企画が失敗なんて、一番いやだったので出来るだけ光を使わずに道を進むことを決意しました。

まさかこんなことになるなんて・・・

22時間経過

自分の命の灯であるiPhoneを死なせないためにとにかく明かりはつけずに走っていました。体力は限界をとうに越え、命のゲージをすり減らしながら、走っています。

そして、もう睡眠もろくにしてないわけですからふらっとなってしまったんですね。

その瞬間に鉄柵にぶつかってしまい、手から流血。鉄柵の下を見ると崖でした。

つまり、この鉄柵があったがために崖から落ちずに手から流血程度で済みました。

本当に感謝してもしきれないです。鉄柵よ!ありがとう!!!!

とそんなことを考えながらふと夜空を見上げてみると、こんなにも星がきれいに見えるところが京都にもあったんだ。そう感じさせてくれる夜空がそこにはありました。

都かいとは違い山の中なので、月の光以外ないんですよ!

だからこんなにもきれいなんでしょうね。ぜひ、京都で星を見る方は僕がいってみたところで見てくださいね!ちなみに北野天満宮から徒歩22時間で行けますよ!

ここまでで出発から74.2km

スポンサーリンク

23時間経過

意識が朦朧としていて、一回ぶっ倒れたせいで肘を擦りむきました。

足はもう豆がつぶれて血だらけ。シンスプリントで脛も痛い。膝もがくがく。

 24時間経過

畑を通ると機械がウイーーーーーーンとこっちを見て、なにやら光っていました。

そうすると、次の瞬間、耳障りの悪いキーーーーーンという音を僕に向かって放射してきたのです。それは後から考えてみれば、モスキート音だったのです。

多分、畑を荒らす猿や野良犬かなにかと僕は人間でありながら間違えられたのでしょう。

確かに歩き方はもはや人間特有の二足歩行を失い、動物のような四足歩行で前に進んでいましたが、そこが大きな問題だったと言えそうです。

それにしても初めて、動物に間違えられてモスキート音を浴びせられたので、初めは宇宙からの侵略者かなにかが僕個人に攻撃してきたかと真剣に思い、本気で走りました。特にその機械がターミネーターに出てきそうな機械だったのでなおさらです!(笑)

しかし、腕はちゃんと振れているのだけれど、全く前に進まないので、他の人からしたら変な人いるなぁと不審がられていたに違いありません。

でも、大丈夫!あんな山奥に人はほとんど居ませんでした。

というより。20:00以降は人と会っていないかもしれません。

そして、幼少期、東京に住んでいるときには霊感があったらしいのですが、名古屋に小学校に入る前に霊感は消えてしまいました。

しかし、寝不足であるのかそれとも霊感が戻ったのかわかりませんが、見えてはいけないものが見えてしまっているんです。

本当に恐ろしいのが、お化けである者たちが本当にほのぼのしているんです。

特に犬を連れている場合が多く、ほのぼの幸せな雰囲気をだしていました。

それでも、お化けは怖いものなので、いた場所を通るときには、

『敵意はない。邪魔してすまん。』とぼそっと言って通りました。

そうすると、お化けは消えてくれるんですが、駅に近づけば近づくほど、お化けの出現率が高まるんです。もしかして、崖から落ちずに死ななかったのも大雨が急に晴れになったのもお化けに好かれているからという理由で納得できるんですよ!!

多分、お化けとしても僕を返したくなかったのかもしれません。

ひとつ気になったのは、帰りのホームで寝ているとき

夢の中で、なぜあの時助けてくれなかったの?

という声が聞こえたのですが、あれはさすがに気のせいですよね!!

この時点で出発から77.6km

そして、結果は77.6km。。。

憧れのヨッピーさんには惜しくも届かず・・・・

あと2.4kmが果てしなく遠かったです。

こんなにも遠く感じるのは好きなあの子との距離程度感じます。

つまり、今回の条件では届かなかったということになります。

さすがヨッピーさんですね!!

でもいつかはヨッピーさんと同じ条件でなにか競ってみたいなぁと思っています。

その後・・・

もう夜中の0時00分だったため、終電はありません。

なので、駅の待合室で寝ようと思ったのですが、虫がわんさかいる。

ということで、駅のホームで壁にもたれながら、寝ることにしました。

 検証結果

  • ほとんど準備せずに24時間歩くと77.6km歩くことが出来る。
  • そして、24時間マラソンは死ぬほどつらい
  • しかし、場所によっては県は越えられない

今回、応援してくれた方々、本当にありがとうございました。

SNSって怖いものだと思っていましたが、使い方によってはすごい暖かいものになるんだなと改めて実感しました。応援してくれた方々のおかげで24時間走りきることが出来ました。ありがとうございました!!!

以上24時間走ったともっちでした!

読者登録もよろしくお願いします!

 

 追記

僕のブログを取り上げてくれた自由ネコさん本当にありがとうございます。

一部では僕が自由ネコさんを恨んでいるとか出回っていますが、全く事実無根です。

逆にはてなブログの大御所に記事にしてもらって、めちゃくちゃ嬉しいくらいです‼

-おもしろ記事

Copyright© ひらめき!大学生 , 2017 All Rights Reserved.