指定校推薦は入学後嫌われたり馬鹿にされる?当事者がお答えします。

指定校推薦についてネットで調べてみると、「指定校推薦は大学で嫌われる」「指定校推薦は馬鹿」などと揶揄されています。

 

しかし、実際に、嫌われたり、馬鹿にされたりすることはあるのでしょうか?

単刀直入にいうと、指定校推薦だからと言って馬鹿にされたり、嫌われたりすることはありません。

その理由を今からご紹介していきたいと思います。

私立大学の入学者は半分くらいが推薦で入学しているから

指定校推薦は、現在、私立大学のみに課されています。

そして、私立大学は、指定校推薦の他に公募推薦やAO推薦など様々な推薦が存在しており、入学者の半数が占められています。

つまり、指定校推薦を馬鹿にすることは、学部内の半分の人を馬鹿にすることになるんです。

 

わざわざ指定校推薦で入学したことを馬鹿にして、敵を増やすようなことをするでしょうか?

だから馬鹿にされるかもと、心配する必要はありません。

指定校推薦と言わなければ、バレない

どのように入学したかどうかは、試験監督や教授以外にはわかりません。

指定校推薦で入学したことを言わなければ、どの入試制度で合格したのかどうかを把握することはできません。

 

仮に指定校推薦とバレたとしても、単位をしっかり取っていれば、馬鹿にされることはありません。

まとめ

指定校推薦は、継続して努力した証なのですから臆する必要はありません。

指定校推薦だからと言って、萎縮せず、胸を張って入学していきましょう!

 

大学生活はとても楽しいものです!ぜひ楽しんでください!

 

この記事を読んでいる方は、下記の記事も読んでいます。

指定校推薦合格後のおすすめの過ごし方を経験者が教えるよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。